企業・法人向け
ソリューションサービス
Business Solution

ご相談・お問い合わせ
03-5717-1812

TOP > 企業・法人向けソリューションサービス > 仕事と介護の両立セミナー(全従業員向け)

TOP > 企業・法人向けソリューションサービス > 仕事と介護の両立セミナー(全従業員向け)

仕事と介護の両立セミナー
(全従業員向け)

仕事と介護の両立セミナー(全従業員向け) 仕事と介護の両立セミナー(全従業員向け)

急速に進む高齢化や共働きの増加等の影響で、男女問わず誰もが働きながら自分の親を介護していく時代を迎えています。親の介護に直面する40歳代~50歳代はまさに企業の中核を担う世代であることから、仕事と介護の両立をサポートし、介護離職を防止する取り組みが急務となっています。介護支援制度を整えるだけでは、仕事と介護の両立を支援する体制は十分とは言えません。
自社の介護支援制度の周知を図るためにも「仕事と介護の両立セミナー」を開催し、従業員の方が介護に直面しても慌てずに落ちついて対処できる基礎的な知識を提供しましょう。それは、貴社が「従業員を大切にしているという思い」を伝える絶好の機会にもなります。

セミナーの特徴
■ 高齢者向け介護サービスを提供している会社の経験豊富な介護の専門家が講師を担当します
仕事と介護の両立を実践中の講師、介護サービス事業所の責任者やケアマネジャーとしてご家族の介護をサポートしてきた講師が豊富な経験を活かしてわかりやすくお伝えします。
■ 講義だけでなく介護技術体験も実施可能
将来、家族を介護する際に役立つ介護技術体験は、「実践的で楽しい」ととても好評です。

仕事と介護の両立セミナー(基礎知識編)

介護に直面する前に知っておいていただきたい「仕事と介護の両立」に役立つ介護の基礎知識をお伝えするセミナーです。介護未経験の方向けの内容ですが、現在介護中の方も知識の整理や確認にお役立ていただけます。

セミナー概要

  • 所要時間

    2時間

  • 受講対象者
    • ・親や高齢のご家族の介護が心配な方
    • ・介護への漠然とした不安を解消したい方
  • プログラム例
    • ・日本の「介護の現状」から学ぶ仕事と介護を両立するためのポイント
    • ・公的介護保険制度を賢く利用するために
    • ・介護をする場所とその費用について
    • ・介護のコツ(立ち上がりの技術体験)

活用事例

  • ・企業の人事部門が主催し従業員向けに開催
  • ・企業の労働組合と会社が共催し、組合員向けに開催
  • ・企業が開催するシニアライフプラン研修等の1項目として活用

セミナー受講者の声

  • 介護については知らないことばかりでしたが、とても分かりやすい説明で、仕事と介護の両立のイメージが具体的になりました。
  • 介護は、まだまだ先のこと考えていましたが、今から将来の介護に向けて家族で話し合っておくことが大切だと知りました。
  • 介護に直面した時に、仕事やプライベート、お金などについて、どう向き合っていくのかを考えるよい機会になりました。

主催者の声

  • 会社の「仕事と介護を両立する社員を支援していきたい」という思いを伝えるいい機会になりました。参加した社員からも「とても有意義だった」「将来の介護に向けて情報収集する動機づけになった」「仕事と介護を両立するイメージが持てた」といった嬉しい感想が多数寄せられました。
  • 社内アンケートで7割近くの社員が将来介護に直面する可能性があるとわかり、セミナーを企画しました。介護技術の体験などもでき、参加した社員から大変好評でした。今後も働きながら介護をするための基礎知識や情報を提供するため、定期的にセミナーを開催したいと思っています。
お電話によるお申し込み 03-5717-1812 [受付時間]平日 9:00~18:00
専用フォームからのお申し込み お問い合わせフォーム [受付時間]24時間

仕事と介護の両立セミナー(介護実践編)

仕事をしながら介護している人は全国で346 万3000人(2018年の就業構造基本調査)です。
この中には、職場に介護している事実をオープンにしていない人も含まれます。大切な従業員の介護離職を予防するには、介護していることをオープンにできる職場風土づくりはもちろん、今はまだ少数であっても、現在介護中の従業員がどれくらいいるかの実態を把握し、これらの方々を支援する体制づくりが必要です。介護中の方の不安・悩みを少しでも軽減できる支援策として、介護実践編のセミナーをご活用ください。

セミナー概要

  • 所要時間

    2時間30分

  • 受講対象者
    • ・高齢のご家族が病気や怪我で入院中であり、今後介護が想定される方
    • ・現在、高齢のご家族をご自宅で介護している方
    • ・現在、高齢のご家族が入所する施設や高齢者住宅を検討している方
  • プログラム例
    • ・ひとりで頑張りすぎていませんか
    • ・介護中のご家族の悩み・不安とは?
    • ・悩み・不安の解消につながるサービスや制度
    • ・事例で学ぶ仕事と介護の両立実践

活用事例

  • ・従業員への実態把握調査の結果で「現在介護中」の割合が高い場合や介護休業・介護休暇の取得者が増えてきた場合に、主に介護中の従業員を対象として開催
  • ・介護中の従業員同士が知り合う場として開催し、その後の情報交換や支えあいのきっかけとして

セミナー受講者の声

  • 基本知識編も受講しましたが、実際に介護をしている人にとって役立つ具体策が多くとても勉強になりました。
  • 介護離職を防ぐ為には、まず職場の上司の理解が必要だと思いました。何より講師の実体験が分かりやすく、また元気をもらえました。
  • このセミナーを受講して、これまで自分がやってきたことが間違っていなかったと確認できる機会になりました。また、今後介護が重度化した時の心構えもできてよかったです。

セミナー主催者の声

  • 基礎知識編の受講者アンケートの希望から、現在介護中の従業員向けの介護実践編の開催を決めました。受講者から人事部に対して感謝の声が届くセミナーとなり、少人数の参加であっても開催してよかったと感じています。
  • 実際に介護実践編を開催してみると、管理職の占める割合が高く、大切な人材が介護離職とならないために必要な支援を継続していく必要性を感じました。
お電話によるお申し込み 03-5717-1812 [受付時間]平日 9:00~18:00
専用フォームからのお申し込み お問い合わせフォーム [受付時間]24時間

仕事と介護の両立セミナー(遠距離介護編)
~離れて暮らす親をもつご家族へ~

遠距離介護が現実化した従業員の中には「高齢の親を看るのは自分しかいない」と考え、これまで積み上げてきたキャリアの継続を断念し、介護離職という選択をされる方もおられます。「遠距離介護編」は、ケアマネジャーや介護の専門職の支援により、遠距離であっても仕事と介護の両立を実践中の事例から具体的アクションをまとめたものです。遠距離介護が想定される従業員の方に対し、ご家族の介護度が重度化する前に情報提供しておくセミナーとして大変好評です。
仕事と介護の両立セミナー「基礎知識編」と併せた開催をお勧めします。

セミナー概要

  • 所要時間

    2時間30分

  • 受講対象者
    • ・将来、遠距離介護が想定される方
    • ・現在、遠距離介護中の方
  • プログラム例
    • ・離れて暮らす親をもつ家族が知りたいこと
    • ・遠距離介護でも「仕事と介護の両立」は可能でしょうか
    • ・遠距離介護への備え(事前にできること)
    • ・遠距離介護中の家族の役割
    • ・現地のサポート体制を構築しよう

活用事例

  • ・親と同居していない社員が、将来介護離職に陥らないための情報提供として開催
  • ・全国規模で事業を展開されている企業の従業員向けのセミナーとして開催

セミナー受講者の声

  • 親はまだ元気ですが、離れた土地で一人暮らしのため、今回のセミナーはとても参考になりました。また参加したいです。
  • 今後介護が現実化したときへの漠然とした不安に対して、具体的にどのような行動を取っていけばよいかが明確になったので大変参考になりました。少しずつ実践していきたいと思います。
  • 知識がゼロに近い状態での受講でしたが、大変勉強になりました。「一人で抱え込まない」という言葉が非常に印象に残りました。
  • これまで介護についてあまり考えていませんでしたが、同僚の誘いで参加しました。国や会社の制度をうまく利用すれば遠距離でも両立ができるということを、実体験を交えて講演いただき、わかりやすかったです。

セミナー主催者の声

  • 近距離だが同居していない家族にとっても非常に有益なお話しでした。休日開催とし、従業員の配偶者・兄弟も参加可としたことは、受講者からも好評でした。
  • 地元を離れて勤務している従業員にとって、とても有効なテーマでした。受講者からは、「漠然とした不安が軽くなった」「講師の『遠距離であっても仕事と介護の両立は可能です』という言葉に勇気づけられた」などのコメントが多く寄せられました。
お電話によるお申し込み 03-5717-1812 [受付時間]平日 9:00~18:00
専用フォームからのお申し込み お問い合わせフォーム [受付時間]24時間